ビジネスデベロップメント

ボトムアップでの製品採用とエンタープライズセールスを連携させる (Martin Casado)

0/ ボトムアップ型の採用とエンタープライズセールスを「同時に」習得することは非常に難しいことです。しかし、急速に成長している多くの企業はそれをしています。本スレッドでは、これに関するいくつかの懸念事項や、これら二つのモーションのやりくりが、…

起業家はコーポレートデベロップメントと話すべき (a16z)

M&A取引にコーポレートデベロップメントを関与させる 実行フォーカスの場合 戦略フォーカスの場合 戦略的投資にコーポレートデベロップメントを関与させる そもそもコーポレートデベロップメントをどのように関与させるか 忙しい創業者は、会議を持つたびに…

コーポレートデベロップメントと話すな (Paul Graham)

コーポレート・デベロップメントは、他社を買収するための社内の部署です。略して corp dev とも呼ばれます。あなたがコーポレート・デベロップメントの人と話す機会があるとしたら、自分で意識しているかどうかに関わらず、買収されることが目的でしょう。 …

ディストリビューション VS イノベーション (Alex Rampell)

TiVo問題 勝利の方策:つまらないことをしよう スタートアップと既存企業の闘いは、つまるところ、既存企業がイノベーションを行う前にスタートアップがディストリビューションを行えるかにかかっています。 TiVo問題 1999年にReplayTVとTiVoは、デジタルビ…

もっと時間が必要なのか、プロダクトマーケットフィットがないのか? 技術系創業者のための「市場がない時に市場に向かう」方法 (a16z, Martin Casado)

多くの象徴的なテクノロジー企業が業界にとって新しいコンセプトから始まりました。後から振り返って考えると、そのストーリーはこんなふうに語られます。「創業者はXというものを作り上げました。Yがそれを購入しました。すると突然、Zがそれを使い始めたの…

実践キャズム越え (a16z, Martin Casado)

キャズム前のスタートアップの話題は、私がキャズム前の技術(ソフトウェアで定義されたネットワーク構築)に関する会社を(多くの仲間たちと共に!)創業した元起業家として、長い間心を奪われてきたことです。そして、学術論文から製品ラインまで、幅広く…

終わりのないキャズムと、どうやってそこで生き残るか (a16z, Martin Casado)

新たな地域は必ず新たな (そして多くの場合は非常に厳しい) 市場となる 市場の既存企業との戦いは永久にキャズムの中にとどまることを意味するかもしれない 市場がいつも予想どおりの大きさとは限らない 一部の市場は決してプル型にはならない あなたの選ん…

大きな取引の危険性 (Aaron Harris)

スタートアップにとって、「大きな取引」ほど危険な物はそうありません。ここで言う「大きな取引」とは、大企業が成立させるような物とは違い、会社の寿命/倒産/成功などを完全に左右してしまうような物のことです。創業者は自分自身を騙し、大きな取引を1つ…

技術的パートナーシップの危険性(キャズム前のスタートアップの場合) (a16z, Martin Casado)

他のスタートアップとの提携 大企業との提携 一般的な提携モデル プラットフォームの統合 マーケットプレイスへの参加 共同での市場開拓 (間接的) 共同での市場開拓 (直接的) 初期のテクノロジ系スタートアップのほぼ全ての会社が、ある時期、他のテクノロジ…

FoundX Review はスタートアップに関する情報やノウハウを届けるメディアです

運営元