Startup School 2018

技術系創業者へのアドバイス (Startup School 2018 #20)

バージョン1の作り方 エンジニアリングのベストプラクティスと速度のバランス 開発方法論 エンジニアの採用と組織構造 Q&A やり直すとしたら? 非技術系の創業者とのコミュニケーション方法 Geoff Ralston今から私のパートナーのJared Friedmanが、このパネ…

バイオテック起業家へのアドバイス (Startup School 2018 #19, Elizabeth Iorns)

Adora Cheungさて皆さん、それでは始めます。遅くなってしまってすいません。さて、Elizabeth Iornsに来ていただいていますが、Elizabeth Iorns博士というべきですか、それともElizabeth Iorns教授?とにかくエリザベスは、がんを専門とした生物学者として教…

スタートアップを経営すること (Startup School #18, Patrick Collison)

Stripe の起業ストーリー Collison インストール 「なぜ今」の答えは「今ここにいるから」 どちらがCEOになるか 意思決定のメカニズムを持つ 相手に勝つのではなく、最高のアイデアを求める PMF すべてのAPIリクエストを目で見る CEOとしての幸せの感じ方 い…

Y Combinator の応募方法と成功の秘訣 (Startup School 2018 #17, Dalton Caldwell)

なぜYCへの応募に価値があるのか 応募申込書への記入自体がためになる 時間を使う価値がある 幸運を作る方法 可能性のある場所に身を置く 断られることを前提に考える 応募しない理由 早すぎる、なんてことはない 遅すぎる、ということもない 経験がありすぎ…

エンジニアチームを作る方法 (Startup School 2018 #16, Ammon Bartram and Harj Taggar)

採用は大変 採用は時間がかかる 採用は反復作業が多い 採用は断られる 採用のファネル 候補者のソーシング エンジニアを見つける場所 個人的なネットワーク 多くの人は断られるのが怖くてパーソナルネットワークをうまく使えていない 厳密なプロセスに従って…

スタートアップのセールス方法 (Startup School 2018 #15, Tyler Bosmeny)

自己紹介 営業の神話 営業の実際 創業者がセールスパーソンである利点 営業はファネル 1, 見込み顧客(リード)の獲得 ナンバーゲームだと認識する リードの獲得の3つの手法 1. 自分のネットワーク 2. 業界カンファレンス 3. コールドメール 2. 営業会話 営…

Aileen Lee との対話 (Startup School 2018 #14)

自己紹介 CEOとしての学び 投資家が考えていること セールスとリードクオリフィケーションの重要性 投資家が求めていること 資金調達には物語を語る 投資家側の期待リターン 資金調達はNoと言われ続ける 女性投資家としての経験 ピッチの構成 ユニコーン企業…

スタートアップの PR とコンテンツマーケティング (Startup School 2018 #13, Kat Mañalac & Craig Cannon)

用語の整理 PR の前に ― 正しいことにフォーカスすること コードを書いて顧客と話す PRはスケーラブルな顧客獲得の戦略ではない コンテンツマーケティング いつ始めるか? プロダクトとしてのコンテンツ:人が欲しがるものを作る ゴールを決める 解析ツール…

スタートアップのためのデザイン Part 2 (Startup School 2018 #12, Garry Tan)

デザイナーの見つけ方と選び方 いつ採用するか シリーズA前は共同創業者 シリーズAで最初の一人 シリーズBでチーム どこでデザイナーを見つけるか どこでコンサルタントを見つけるか 個人のコンサル クラウドソーシング デザイン会社 どうやってデザイナーを…

スタートアップのためのデザイン Part 1 (Startup School 2018 #11, Garry Tan)

今日の内容 自己紹介 デザインとは何か、なぜ重要か うまく機能し、人々を喜ばせるものとしてのデザイン 新規性と機能性は対極にある 形は機能に追随する 共感を持つ 「最高のパーティー」を開くようにデザインする 解決しようとしている課題を捉える 課題が…

Andy Bromberg との ICO に関する対話 (Startup School 2018 #10)

CoinList 創業者のバックグラウンド 他のバイトをしたくなかったからサービスを始めた 自分の楽しいことをやってみる スタンフォード大学で学ぶ実用的な授業 ビットコインとの出会いとグループの設立、そして諦め 最初のサービスのリリース 資金調達して3年…

どうやってプロダクトを計測するか (Startup School 2018 #09)

Geoff Ralston本日、Suhail Dhoshiをお迎えしていることをとても嬉しく思います。彼は10年前にMixpanelを共同設立した人の一人です。彼にはこれから、製品をどのように計測するかということについて話して頂きたいと思います。Gustafからも先程ありましたよ…

どうやってユーザーを獲得し成長するか (Startup School 2018 #08, Gustaf Alstromer)

アナウンス グロースについての講義 Airbnb のグロースチームでの経験 なぜグロースが重要なのか? 講義の対象は B2C も B2B も ただしグロースにはタイミングがある まずはプロダクトマーケットフィットを見つけることから プロダクトマーケットフィットを…

どのように料理系スタートアップを立ち上げたか:Ooshma Garg との対話 (Startup School 2018 #07, Ooshma Garg)

学生時代の起業:就職支援 体がボロボロになって Gobble を起業 料理のC2Cからミールキットへ スケールしないことをしよう:コミュニティへのアプローチ ピボットのきっかけはスケールできなかったこと 難しいことは現在の事業をやめる決断をすること プロダ…

どうやってプロダクトマーケットフィットを見つけるか (Startup School 2018 #06, David Rusenko)

Geoff Ralston次のスピーカーは、私と共通点があります。それは私も彼もウェブサイトを簡単に作成できるビジネスを始めたことです。違いといえば、Davidのビジネスは大きく成功したことです。David Rusenkoは、今年の始めSquareに買収されたWeeblyの創業者で…

プロダクトを作る (Startup School 2018 #05, Michael Seibel)

Justin.tv と Twitch での経験 プロダクトは課題から始まる 創業者の多くは課題を分かっていない 創業者にいつも聞く質問 問題は解決可能か 顧客は誰か? 課題の頻度を聞こう 課題の重要性 顧客はお金を払うかどうか 高い価格から始める チャネルはあるか MV…

Paul Graham との対話 (Startup School 2018 #04, Paul Graham - Moderated by Geoff Ralston)

Viaweb の始まりと Yahoo! での出会い アイデアのモチーフはダメ:アイデアはすぐには生まれない 成功しないかもしれないものに賭けること 共同創業者の選び方 スタートアップは反直観的:スケールしないことをする ソロ創業者の大変さ 良い会社と悪い会社の…

スタートアップの法的メカニクス (Startup School 2018 #02, Carolynn Levy, Jon Levy and Jason Kwon)

会社の設立 デラウェア州での登記をする オンラインプラットフォームを使って設立する 取締役会を作る 役員を決める 設立後 株の分配 株の購入 べスティングの設定 資本政策 雇用 雇用契約よりも秘密保持契約 無償で人を働かせない 常識的なプラクティス 会…

Y Combinator の Startup School 2018 へようこそ (Startup School #01, Adora Cheung & Geoff Ralston)

【FoundX Review からのアナウンス】Startup School 2019 を日本から受講する方のために、Startup School 2019 の Facebook Group を用意しています。ぜひご参加ください。なお、Startup School 2019 の応募締め切りは 7.21 です。 なお、この記事は原著者の…

スタートアップで成功する方法 (Startup School 2018 #03, Sam Altman)

目次 製品が良すぎて、人が友達に話してしまうレベルを目指せ 簡単に理解ができる製品にする 指数関数的に成長するマーケットを探そう 本物のトレンドと偽のトレンドの見分け方 本物のトレンドならユーザーが毎日使う 偽のトレンドは買っても稀にしか使わな…

FoundX Review はスタートアップに関する情報やノウハウを届けるメディアです

運営元