仕事を終わらせる方法 (Sam Altman)

どのように仕事を終わらせるか(get things done)について、様々な理論を耳にしてきました。私はこのトピックに関心があるので、それらの理論が実際どれほど現実的に有効なのか、注視しています。

これらの理論の中でも最高のものは、それは「集中(フォーカス)」と「個人的なつながり」の組み合わせによって起こる、というものです。このことは Charlie Rose が Paul Graham に伝え、そしてPaul が私に伝えてくれました。

これは非常に正確だと思えます。私にもやろうと思いながらも自分のやることリストの上のほうには上がってこないものがたくさんあります。そしてそれらについては全く進歩がありません。逆に、私が集中して取り組むものは必ず実現していると感じます。小さめのスタートアップは同時に3つくらいのことを進めることができるようですが、通常それらはCEOが集中しているものです。確かに、誰かにとって1番目か2番目の重要事項に位置付けられていないようなものは、目まぐるしいスタートアップの世界では決して成し遂げられないことでしょう。

ほとんどのアーリーステージのスタートアップの創業者は、会社に2、3の最重要事項に集中的に取り組ませることが下手です—その日目の前に現れたキラキラした新しいものにすぐ飛びついてしまうのです。これはある意味予想されることではあります—会社を起こすような人種は一般的に、同じことを延々と実行するよりも新しいことを始めるのが好きだからです。しかし抑制することは非常に重要です。そんなに時間を取らないからという理由を付けて、もう一つプロジェクトを追加することを正当化するのはとても簡単ですが、残念ながら、おそらくは時間を食うことになるか、何の価値ももたらさないことになるかのいずれかとなるでしょう。ほとんどの創業者はやるべきことはわかっています。しかしやるべきでないことをわかっていないのです。

集中とは Y Combinator 式に言えば「コードを書いてユーザーと対話する」ことになります。わずかな人数しかいないスタートアップにとって、他のことはほとんど時間の無駄です(創業者がすでに会社の戦略を考え抜いていること、また「ユーザーと対話する」がユーザー獲得の意味も含むことを前提とします)。どういうわけか、多くの創業者はとにかく他のことに時間をかけることが大好きです—会社の構造の詳細について悩んだり、弁護士と面談したり、素晴らしい帳簿付けをしたり、といったことに。これらのいわば「経営ごっこ」はすべて、実際の会社経営の邪魔になります。私たちが出資する最高のスタートアップはオフィスに来ては製品についてや、どのように製品を進化させるかについて何時間も話し、ユーザーが求める新機能を積極的に見せてくれます。最悪のスタートアップは何度もやって来ては、それ以外のあらゆることを話します。

個人的なつながりについては、ほとんどの人が自分だけでは非常に優れた仕事を成し遂げるのは難しいことにやがて気づきます--ほとんどの「非常に優れた仕事」は要求する作業量が多すぎるからです。うまくいっているスタートアップは通常、採用に最大の問題を見出します。たしかに上手な採用は、創業者がスタートアップのためにできることの中で、最大のインパクトを与えうるものです(そして投資家ができる最善のことは、優れた創業者に出資することです)。「常に有能な人材を採用し、昇進させること」はとても良いアドバイスです。一緒に働く人と良い関係を保つことも、とても良いアドバイスです。

私は優秀な人にできるだけたくさん会って助けるよう努めています。楽しい、面白いといったことだけではなく、優秀な人と会うことは物事を成し遂げるために重要な部分なのです。そのような人にこそ私は採用や出資を行う傾向がありますし、多くの他の人にとっても同じだと思います。これはいわゆるコネ採用というわけではありません。友達と一緒に働くことは良い戦略だと思いますし、頭が良く有能な人は、頭が良く有能な人を好むものです。これまで私が行った採用や、他の会社で行われた採用で最高のものは、多くの場合、友人であるか、友人の友人でした。パートナーシップや営業もまた、多くの同じ理由で、個人的なつながりに大きく依存します。

個人的なつながりに使うべき時間を充分使わないという状況には容易に陥りがちです--「集中」と矛盾するようにも聞こえるからです。しかし、これは重要な例外であると言えるでしょう。そして仕事で最も楽しい部分の一つでもあります。

並外れた集中と素晴らしいチームを組み合わせれば、魔法が起こるのです。

 

著者紹介 (本記事投稿時の情報)

Sam Altman

Sam Altman は YC グループの社長です。彼は Loopt の共同創業者兼 CEO でした。Loopt は 2005 年に Y Combinator に投資され、2012 年に Green Dot に買収されました。Green Dot で彼は CTO を務め、現在は取締役です。Sam は Hydrazine Capital も創業しました。彼は Stanford でコンピュータサイエンスを学び、その間 AI lab で働いていました。 

記事情報

この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
原文: How things get done (2013)

FoundX Review はスタートアップに関するノウハウを届けるエンジニア向けのメディアです

運営元