気候テックのためのシンプルなメンタルモデル: 「理解する」「緩和する」「対処する」

この記事は Climate Tech VC の許可を得て翻訳・公開しています。
原文: 🌏A simplified mental model for climate tech (2020 年 10 月 26 日投稿)

 

f:id:foundx_caster:20211103123059p:plain

気候変動対策技術はまだ初期段階にあり、流入してくる資本は、この分野の幅広い機会にどのようにアプローチすべきかをまだ理解していません。Energy Impact Partners 社のマネージングディレクターである Shayle Kann 氏は、気候変動対策技術に関するメンタルモデルと資本配分のアプローチを、1)理解する 2)緩和する 3)対処する、の三つに分けて説明しています

1)理解する

気候変動を緩和したり適応したりするための対策を講じる前に、まず私たちの地球や排出ガスによる変化について情報を集め、洞察を深める必要があります。Shayle は、気候変動とその影響を理解することに焦点を当てた以下のサブカテゴリーの概要を説明しています。それぞれの分野に含まれるテクノロジーの例をいくつか挙げてみました(そのうちのいくつかは、これまでに紹介したものです)。

  • 気候リスク分析: 気候変動に対するエクスポージャーを評価します(例:洪水、山火事、干ばつ)
    イノベーター:ClimateAi特集参照)、Jupiter IntelligenceCervest
  • 企業の温室効果ガスマネジメントとアカウンティング: すべての直接的な活動(スコープ1)と間接的な活動(スコープ2、3)からの企業の排出量を調査します
    イノベーター: SINAI Technologies特集参照)、EmitwisePersefoni
  • メタン排出量のモニタリング: さまざまな排出量(CO2だけでなく、メタンも)を測定します。
    イノベーター: Kairos AerospaceMethaneSAT
  • 消費者のカーボンラベリング: 購入者に対して、その購入・生活が気候変動に与える影響を知らせます。
    イノベーター: Climate Neutral特集参照)、QuornAmazon

2)緩和する

2つ目のタスクは緩和です。これは気候変動緩和技術の中核をなすものであり、したがって、気候変動緩和のための資本配分の主要な部分を占めるべきものです。温室効果ガスは、排出量の86%を占める5つの主要産業において、バリューチェーンのすべての段階で排出されるため、定義して区分することは圧倒的に難しいです。Shayle は、上に産業、左にバリューチェーンの段階を置いて、緩和策を分類する次の表を提案しています。

f:id:foundx_caster:20211103123925p:plain

このフレームワークは、「交通」における電気自動車のバリューチェーンに適用することができます。

  • 生産(排出源からの排出を止める):電気を移動力に変換するための重要なインプットを提供するバッテリーメーカー(バッテリーについての記事を参照)。イノベーター:QuantumscapeSolid PowerIonic Materials 
  • デリバリー(商品や製品を顧客に届ける方法を変える):車両の電動化を可能にするEV充電ネットワークと車両管理ソフトウェア。イノベーター: ChargepointVoltaViriciti
  • 消費(購入者の行動や使用方法の変化):消費者の電気自動車への需要を喚起する自動車メーカーの能力。イノベーター: Rivian, Lucid Motors, Nio
  • Accelerant(脱炭素化のためのインセンティブと検証の実現層):電気自動車への移行を促進するビジネスモデル。イノベーター: PlugshareFlux Auto

一つの企業が、バリューチェーンの複数のステップに適合する能力を持っている場合があります。この例では、Tesla は生産から消費まで垂直統合するために多大な努力をしています。また、異なるセクターのバリューチェーンは、互いに大きく依存している場合があり(例えば、電気と熱がEVのエネルギーを供給する)、脱炭素化のフィードバックループにつながる(例えば、再生可能エネルギーがクリーンな電気を供給し、それが排出ガスのないEVの燃料となり、EVが蓄電装置として機能して、より信頼性の高い電気を生産する)ことなどがあります。

3)対処する

緩和策の限界を超えた気候問題には、対処や適応を可能にするツールが必要です(適応山火事に関する記事を参照)。この分野は、すでに大気中に放出されてしまった排出物の処理に追われる中で、残念ながら時間の経過とともに拡大していく可能性のある気候テックです。

  • グリッドのレジリエンス: 予期せぬ出来事に対して、より強い送電網を実現します。イノベーター: Enchanted RockScale Microgrid SolutionsSwitched Source
  • 自然災害への備えと対応: 増加する自然災害のリスクを予測し、対応します。イノベーター:  One ConcernZoneHavenLaderaTech
  • 保険テック/気候テックのオーバーラップ: 気候の不安定さの増大に伴う金融リスクを保護する。イノベーター: Kettle, The Demex Gruop

 

記事情報

原文: 🌏A simplified mental model for climate tech

FoundX Review はスタートアップに関する情報やノウハウを届けるメディアです

運営元