YC 応募者からの FAQ (Y Combinator)

S18の申し込みの締め切りが近づいていますので、ご参考になればと思いYCの申し込みとプログラムの内容について、最もよく聞かれる質問のいくつかにお答えします。

もう少し掘り下げて知りたい場合は、以下の拡張版のFAQをチェックしてみてください。

質問:YCが行われている3カ月間は、ずっとマウンテンビューにいなくてはなりませんか。
いいえ。かつては必ずそうする必要がありましたが、その後改訂しています。Airbnbは、バッチ期間のほとんどを同社の事業が動き出しているニューヨークで過ごしました。毎週、業務時間と、週に一度私たちが主催するディナーのために、カリフォルニアに飛んできていました。

質問:アイデアだけでYCへの申し込みができますか。
はい。私たちは幅広いステージの企業をバッチに受入れています。例えばCruiseは、YCに申し込んだ時点でたった2週間しか自分たちのアイデアに取り組んでいませんでした。

質問:自分の企業が失敗したときには、資金を返金しなければなりませんか。
いいえ。YCはあなたの企業に投資をしているのであって、融資しているわけではありません。

質問:YCからの投資金を自分の給与支払いに利用してもよいですか。
はい。資金は事業関連の経費であれば何にでも使うことができ、創業者の給与は事業経費です。

質問:YCからの投資金を学生ローンの支払いに利用してもよいですか。
はい。自身に給与を支払っているので、その給与をどう使うかは自分で選ぶことができ、学生ローンの返済もそれに含まれます。

質問:米国市場に重点を置かなくてはなりませんか。
いいえ。私たちは世界中の市場に焦点を当てた企業に出資しています。有名な例をいくつか挙げておきましょう。
アフリカ:FlutterwavePaystackTizetiWaystoCap
インド:RazorpayDocTalkKisan NetworkSupr DailyInnov8
南アメリカ:RappiRegaliiHogaruTpagaBeekQuero Education

質問:YC企業はデモデーでどのくらいの資金を集めるのですか。
デモデーでの調達額の中央値は約100万ドルです。数百万ドル集める企業もたくさんありますし、中には4,000万ドル以上集める企業もありました。

質問:申し込みに米国就労ビザは必要ですか。
いいえ。ただ、もしYCの3カ月のプログラムへの参加にビザが必要でしたら、お手伝いできる弁護士をご紹介することができます。

質問:起業前でも申し込みは可能ですか。
はい。申し込み前に開業していたのは、出資企業の半数未満でした。

質問:資金調達後でも申し込みは可能ですか?
はい。ひとつのバッチにつき100万ドル以上の資金をすでに集めていた企業が少なくとも十数社はあります。私たちはシリーズB段階の資金調達ができていない企業についても、支援が可能だと考えています。

質問:創業者は全員、バッチの全日程に出席しなければなりませんか。
事業の都合で、別の場所に行かなければならない場合は出席不要です。私たちは、創業者にはご自身の事業で必要な場所にいていただきたいと考えています。

質問:実際にどなたかが私の申込書を読むのですか。
はい、申込書はすべて人が読み、ほとんどの場合複数回、目を通します。ソフトウェアで優先順位を付け、適切な読み手への割り振りを行いますが、判定は人がすべて行っています。

質問:YCはアーリーステージ企業だけのためのものですか。
いいえ。MessageBird(YC S16)は、YC参加前に年商2,000万ドルで黒字化していました。

質問:私は二回目の創業者で、すでにイグジットもあります。なぜ申し込むべきなのでしょうか。
創業者でこのポジションにある人は、通常ご自身で資金調達が可能です。YC参加を選択する方は、自社製品を出荷して顧客と話をすることにリアルなプレッシャーを感じている他の創業者がいる企業に入りたいという場合が多いです。また、YCの卒業生のネットワークを利用して、人材の雇用や紹介をしたいようです。最初の会社で成功を収めた後にYCに参加した創業者には、W07とW12のバッチに参加したYCのCEO、Michael Seibelや、Kyle Vogt(Twitchの創業者)、Steve Huffman(Redditの創業者)、そしてParker Conrad(Zenefitsの創業者)などがいます。

質問:私は二回目の創業者で最初の企業はうまく行きませんでした。YCはそのことをマイナスに受け止めますか。
全くそんなことはありません。あなたはその経験から多くを学んだに違いないと確信しています。

 

Daniel Gackle、Scott Bell、Dalton Caldwell、そしてMichael Seibelには、この投稿のドラフトに目を通してくれたことに感謝します。

 

著者紹介

Jared Friedman

Craig Cannon

 

記事情報

この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
原文:  Frequently Asked Questions From YC Applicants (2018)

FoundX Review はスタートアップに関するノウハウを届けるメディアです

運営元