共同創業者を大学で見つける (Aaron Harris)

YCへ

私は大学院で人工知能の分野の研究を行なっていて、素晴らしいアプリのアイデアを持っています。これまで500人の潜在顧客に意見を聞いたところ、皆このアイデアをとても気に入ってくれました。現在、プロトタイプの段階です。

問題は、私と同じくらいスタートアップ創業に熱意を持つ共同創業者を見つけることができないことです。この問題にどう対処すればよいでしょうか?

-パートナー求む

 

YCへ

私は大学の友人と共にスタートアップを創業しました。エクイティは半分ずつ所有しています。私たちは二人とも、大学の起業家プログラムに参加しているので、毎日大学で一緒に作業しています。

問題は、この共同創業者が私と比べて事業に対するやる気や自信に欠け、スタートアップのためにバランスの取れた生活を犠牲にしようとしないことです。

このスタートアップを成功させるため、共同創業者にもっと一生懸命働いてもらう(午前7時から午後7時まで)ためにはどうすればよいでしょうか?未経験の共同創業者を動機付けるための秘訣はありますか?

-働く準備ができている共同創業者

 

 

「パートナー求む」様、「働く準備ができている共同創業者」様

スタート地点は若干異なりますが、あなた方は同じような質問をしています。

どこか一つの場所に行くと優れた共同創業者を見つけられるとすれば、それは本当に素晴らしいことでしょう。あなたよりも賢く、やる気があり、物事を成し遂げることに長けていて、即座にあなたのアイデアを改良し、スタートアップを軌道に乗せてくれるような共同創業者が揃っている場所があるとしたら。

そのような場所は現実には存在しませんが、あなた方はそれに次ぐ場所、つまり大学に在籍しています。あなた方は、賢くやる気のある人々に囲まれています。重要なのは、あなたが一緒に働きたいと思う人を見つけ、お互いの目標と動機が一致していることを確認することです。これは手っ取り早く簡単に見つかるものではありませんが、成功の確率を高めるためにはいくつかの原則に従うとよいでしょう。

共同創業者を見つける可能性を最も高くするためには、仲間内やプロジェクトで一緒に働いたことがある人の中から探すことです。それらの一人一人を吟味して、とても強く連携して働きたいかどうか考えてください。答えがイエスであれば、その人に話しに行ってください。

あなたの当初の目標は大企業を立ち上げることではなく、プロジェクトの共同作業を開始し、様子を見ることです(一緒に働いたことがない場合)。この新しく共同創業者になるかもしれない人に、あなたがやりたいことやそれを達成するために必要だと考えるものについて、腹を割って話してください。あなた方の働き方や目標が一致するかどうかはかなりすぐに分かるでしょう。この人が十分な能力を持っているかどうかも感じ取ることができます。この最初のプロジェクトがうまくいったら、すぐに、会社のエクイティをどのように分配する予定かについて簡単な契約書を作成してください。これは、期待値を伝達し設定することの一環です。

特に一緒に働きたくはないが、一目置いている人があなたのリストに入っていたら、とにかくその人と話をしてみてください。一緒に仕事をする話を持ちかけるのにふさわしい優れた人物を知らないか尋ねてみましょう。

おそらくこのプロセスは何度も繰り返し行う必要があるでしょうが、やりたいこととその方法を明確かつ正直に伝えれば、素晴らしい共同創業者に巡り会える可能性が高まります。

ここで念頭に置いておくべき重要な事項が他に2つあります。

  • 実際、会社を立ち上げるために共同創業者は必要ありません。そうすることが適切だと感じられるからだけで、共同創業者を置かないようにしてください。優れた共同創業者を持つことによって、企業の立ち上げは、はるかに容易になりますが、不適切な人を選ぶと立ち上げが失敗してしまいます。
  • 働き方は人それぞれだということも覚えておきましょう。仕事を詰め込む方が作業がはかどる人もいれば、短い時間に集中するのを好む人もいます。どの方法が正しくてどれが間違っているということはありません。しかし、お互い相手の働き方に馴染む必要があります。そうでないと、誰かが常に苛立ちを感じてしまうでしょう。

-Aaron Harris

 

記事情報

この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
原文: Finding a Co-founder in College (2016)

FoundX Review はスタートアップに関するノウハウを届けるエンジニア向けのメディアです

運営元