スタートアップのアイデアを見つける方法 (Startup School 2020)

f:id:bfore:20201122000601p:plain

皆さん、こんにちは。私の名前は Jared です。YCでパートナーをしています。今回はスタートアップのアイデアを得る方法についてお話しします。

この話は、まだスタートアップのアイデアを持っていない人で、アイデアを見つけたいと思っている人のためのものです。また、アイデアはあるけれど、それがあなたがこだわりたいものであるかどうか確信がない場合にも関連しています。

さて、スタートアップのアイデアは名状しがたいものなので、これは厄介なトピックです。YCでさえも、どのアイデアが成功するかは誰にもわかりません。しかし、YCでは何千ものスタートアップが何千ものアイデアを試しているのを見てきました。ある種のアイデアや、ある種のアイデアを生み出す方法は、他のものよりも成功する可能性が高いのです。そこで私の目標は、成功する可能性の高い方向にあなたを導くことです。

その方法は以下の通りです。

まず、スタートアップのアイデアを思いつくときに、起業家が犯してしまう最も一般的な間違いについて話します。次に、スタートアップのアイデアを評価する方法について話し、最後に、スタートアップのアイデアを生み出すためのレシピについて話します。

アイデアの間違った探し方

素晴らしいアイデアである必要はない

最初の、そして最も一般的な間違いは、スタートアップを始めるには素晴らしいアイデアが必要だと信じてしまうことです。「スタートアップを成功させるための鍵は、素晴らしいアイデアから始めることだ」と信じている人たちは、何かを始める前に素晴らしいアイデアがやって来るのを待ってしまうのです。

グーグルやフェイスブックのような成功している企業を見ていると、「すごいアイデアだ」と思うのは簡単です。しかし、後から見ればそう見えるだけです。グーグルが始まった時は20番目の検索エンジンでした。Facebookは20番目のソーシャルネットワークでした。彼らを成功させたのは、最初の素晴らしいアイデアではありませんでした。十分良い程度の初期のアイデアと、素晴らしい実行力が組み合わさったのです。

最初のアイデアに飛びつかないようにする

次の間違いは正反対のことを示しています:良いアイデアであるかどうかについて批判的に考えることを止めて、最初に思いついたアイデアに飛びつくことです。これがどれだけよくあるやり方なのかには驚きます。

さて、ここからが本題です。もしあなたのスタートアップが成功したら、あなたはそのために人生の何年もの時間を費やすことになるでしょう。そして、もし何かに何年もかけて取り組むのであれば、最初に何に取り組むかを決めるために、少なくとも数週間は費やすのは理にかなっていないのではないでしょうか?

驚くことに、このようなことをしているファウンダーはほとんどいません。もしあなたがそうするならば、あなたは少し先を行っていることになります。ここで言いたいのは、「最初に思いついたアイデアを試してみる」というのと、「完璧なアイデアを待つ」というのとでは、どちらかというと真ん中にいてほしい、ということです。

最初のアイデアはあくまで良い出発点

最初のアイデアはあくまでも良い出発点だと考えるべきです。

スタートアップのアイデアは時間の経過とともに変化していきます。Airbnbを例に考えてみましょう。Airbnbは当初、文字通り、他人の家にエアベッドを借りるためのウェブサイトでした。それが時を経て、すべてのバケーションレンタルへと変化していきました。

だから、あなたがするべきことは、良い出発点を選ぶことです。もしあなたが良い出発点を持っている場合は、最初のアイデアが素晴らしくなくとも、素晴らしいアイデアに到達するために少しの手を加える必要があるだけです。

一方、悪い出発点を選んでしまうと、良いアイデアへと変わる方法がないかもしれません。あなたは完全に最初からやり直さなければならないでしょう。

解決策から始めないようにする

3つ目の間違いは、問題ではなく解決策から始めることです。

例を挙げてみましょう。"配管工のためのUber "を思いついたとしましょう。アプリでボタンを押すと配管工が現れる。これは解決策です。どんな問題を解決するのでしょうか?分かりませんよね。

配管工を見つけるのは難しいかもしれません。それが本当の問題かもしれませんが、私が言いたいのは、あなたがこのようなアイデアを思いついた場合、あなたは解決策から始めているということです。これはYCでもよく見かけることで、「問題を探す解決策」、またはSISP (Solution In Search of a Problem) と呼ばれています。これは通常、問題を実際に見つけることができないので、あまり良いものではありません。問題から始めて、解決策を探す方がずっと良いのです。

アイデアを見つけるのは難しいと思いこむ

最後の間違いは、スタートアップのアイデアを見つけるのは難しいと思っていることです。なぜなら、世の中にはたくさんの現実的な問題が残されているからです。

もしあなたがそれらを見つけるのに苦労しているのであれば、それはあなたがその方法をまだ学んでいないだけです。良いスタートアップのアイデアに気づく方法を学べば、あちこちで目にすることができるようになります。

スタートアップのアイデアの評価方法

スタートアップのアイデアを評価する話をしましょう。実際にそのための公式をお教えしましょう。この公式は私の同僚のダルトンから来たもので、彼は「All About Pivoting」(日本語訳)という素晴らしいスタートアップスクールでの講義をしていて、本当にお勧めします。私はこの話に合わせて、それを少し微調整しました。

ここに私のアイデアの質のスコア式があります。それは本当に簡単です。それは、4つの基準であなたのアイデアを評価することであり、その後、スコアの平均を取る方法です。

アイデアはどれだけ大きいか

最初の基準は、このアイデアはどれくらいの大きさなのか?です。これを判断する最良の方法は、似たようなことをしている既存の大企業を探すことだと思います。

例えば、あなたが新しい種類の銀行を始めたいとします。すでにたくさんの銀行がありますし、それらは大企業ですから、このアイデアは大きなものになる可能性があります。

また、今日は小さくても、将来的には巨大化する可能性がある市場で何かをしている場合も、あなたのアイデアはここで良いスコアを出すことができます。その良い例がCoinbaseという会社です。CoinbaseはYCの会社で、暗号資産の売買をしています。そして、Coinbaseがスタートした2012年当時、ビットコインはまだ真新しいもので、まだ非常に小さなものでした。その時でさえ、ビットコインがいつか既存のお金に取って代わると信じていた人がいました。そして明らかに、もしそうなれば、それは非常に大きなものになるでしょう。だからこそCoinbaseは良いアイデアだったのです。

Founder/Market Fit

次はFounder/Market Fitです。これは、創業者が自分たちのやっていることの専門家であるかどうかということです。良い例としては、Flexportという会社がありますが、これは世界中から製品を輸入する企業を支援しています。創業者のライアンは、Flexportを始める前、10年間国際貿易の仕事をしていました。つまり、創業者と市場の適合性は10点満点中10点ですね。

確信度

次の基準は、あなたが大きな問題を解決していることをどれだけ確信しているかです。理想的には、この問題の個人的な経験があることです。

洞察

そして最後に、このアイデアに新しい重要な洞察を持っていますか?という点です。その素晴らしい例がAirbnbです。Airbnbが始まったとき、ほとんどの人は、インターネットで知り合った見知らぬ人に自分のアパートで寝泊まりをさせるというアイデアは、本当に奇妙で、おそらく危険だと思っていました。しかし、Airbnbの創業者たちは実際にこれを試してみました。インターネットで知り合った見知らぬ人を自分の部屋に招待して、それが本当に楽しいことに気づいたのです。そこで彼らは、他のみんなが間違っているという洞察力を持ち、それがAirbnbをこんなにも良いアイデアにしたのです。

個人的に欲しいものを作っている

あなたのアイデアがおそらく良いアイデアであることを示す、他のサインをいくつかご紹介します。あなたが個人的に欲しいと思うものを作っていることです。他の人が欲しがるものではなく、自分が欲しいものを作っている場合、成功する会社を立ち上げるのはずっと簡単だということがわかりました。

一つは、少なくとも一人のユーザー、自分自身から始めることですが、もっと重要なことは、自分自身のために作っているときには、何を作るべきかについて自分の直感を信じることができるということです。他の人のために作っている場合は、その人が何を欲しがっているかを推測しなければなりません。

最近になってから可能になったこと

もう一つのサインは、それが可能になったのが最近になってから、というものです。新しい技術やその上に構築できる新製品のように、最近世界で何かが変わったのであれば、それは新しいチャンスが生まれたというサインであることが多いです。あるいは、似たようなことをして成功している企業があります。

その良い例が、ラテンアメリカでフードデリバリーを行っているRappiです。Rappiがスタートしたときには、DoorDashのように、世界の他の地域にはすでにフードデリバリー会社があり、非常にうまくいっていました。ただ、ラテンアメリカではまだ浸透していませんでした。

フィルターを除去する

スタートアップのアイデアを評価することについての私の最後のトピックは、フィルターについての話です。フィルターはスタートアップのアイデアを却下する悪い原因です。そして、フィルターの最も危険な部分は、最高のスタートアップアイデアが意識的に湧いてくる前に、無意識のうちに拒絶してしまうことです。

ほとんどの人がこれらのフィルターを持っています。スタートアップのアイデアを生み出すことが上手くなるためにできる、最もインパクトのあることの一つは、これらのフィルターが何であるかを知り、それらをオフにすることです。

面倒そうなアイデアを拒絶しない

1つ目は、着手しにくいと思われるアイデアを拒絶することです。これについてPaul Grahamは「Schlep Blindness」(日本語訳)という素晴らしい記事を書いていますが、これは本当に読むことをお勧めします。

そして、Paulが論じている例がStripeです。Stripeは、クレジットカードでの支払いを簡単にウェブサイトに統合できるようにしてくれるYC企業です。そして、Stripeの魅力的なところは、Stripeが立ち上がったとき、これが問題であることをすでに知っている開発者が何千人もいたということです。

彼らは自分たちのサイトにクレジットカード決済を統合しようとしていて、既存のオプションがクソだと気づいていました。しかし、誰一人としてそれを修正しようとしませんでした。

それはなぜでしょうか?それは、Stripeを始めるには、難しそうなことをたくさんやらなければならなかったからです。銀行と取引をしなければなりませんでした。また世界のクレジットカードのインフラの細部に至るまで、多くのことを学ばなければなりませんでした。これらのことがあまりにも難しく感じられたため、Stripeを早く始められたはずの何千人もの創業者たちが、無意識のうちにそのアイデアから遠ざかってしまったのです。

退屈なアイデアを無視しない

2つ目のフィルターは、退屈な領域にあるアイデアです。

そして、その好例が給与計算ソフトを作っているGustoです。給与計算ソフトがクソだと気づいたプログラマーが何千人もいたはずなのに、つまらない問題だから誰も直そうとしなかったのです。

あまりにも野心的に見えるアイデアに怖気づかない

3つ目は、あまりにも野心的に見えるアイデアです。

Sam Altman氏は、"Hard Startups "(日本語訳)という素晴らしいブログ記事を書いています。創業者は本能的に、野心的な響きのあるアイデアを敬遠してしまいます。しかし、多くの場合、これらのアイデアが本当に大きな会社になることがあります。

競合がいるからといって諦めない

最後の1つは、創業者は本能的に既存の競合他社が存在する場所を敬遠してしまうということです。実際には、既存の競合他社と一緒に何かをする側に回るべきです。

起業家が既存の競合他社がいないところに飛び込んでみると、競合他社がいないのは誰もその製品を欲しがっていないからだ、ということに気づくことがとても多いです。理想的な状況は、既存の競合他社が存在する市場ではあるものの、競合他社が見落としているように見える何かに気付いたときです。

その好例がDropboxです。Dropboxが発売されたとき、すでに何十ものファイル同期・ストレージソリューションがありましたが、どれもあまり多くのユーザーを獲得していませんでした。Dropboxは、より優れた製品で発売し、すべての競合他社を打ち負かすことができました。

アイデアを見つける方法

さて、お待ちかねの部分ですが、スタートアップのアイデアをどうやって生み出すかです。

座って考えるだけでは見つけられない

座ってスタートアップのアイデアを考えてみることは可能でしょう。そしてしばらくして、それをどうやって行うかについて話し始める、というわけです。しかし、これは実はスタートアップのアイデアを持つための最良の方法ではありません。

スタートアップのアイデアを持つための最良の方法は、それらに有機的に気づくことです。あなたの周りには素晴らしいスタートアップのアイデアがいたるところにあり、心の準備ができていれば、どこにでもそれを目にすることができます。

問題は、人は座ってスタートアップのアイデアを考えようとすると、悪いアイデアを思い浮かべる傾向があることです。一方、自分の中に有機的に生まれたスタートアップのアイデアは、実は良いものである可能性が高いのです。

そこでまず、スタートアップのアイデアを有機的に生み出す方法についてお話したいと思います。もしあなたが今すぐに会社を立ち上げていないのであれば、この方法が好ましいはずです。良いスタートアップのアイデアに気づく方法を学んで、良いアイデアを思いつくようにしましょう。

スタートアップのアイデアを有機的に持つためには、まず、良いスタートアップのアイデアがどのようなものかを知る必要があります。それは世の中に足りないと思われるものに目を光らせておけばいいのです。

専門家になる

将来的にスタートアップの方法を始めようと思っているのであれば、価値のある何かの専門家になることは非常に有益であり、最良の方法は、おそらく何かの分野の最前線で仕事を得ることでしょう。

何かの分野の最前線で働いていれば、本当にどんな分野でも、他の人よりも先に良いスタートアップのアイデアを目にすることができます。特に、既存のスタートアップで働きに行くのは有益です。最も成功しているYC企業の多くは、創業者が他の誰かのスタートアップで働いていた時に持っていたアイデアから来ています。

スタートアップのアイデアの7つのレシピ

それでは、スタートアップのアイデアを明示的に生み出すための7つのレシピを順を追って紹介していきます。

包括的なものにするために、7つのレシピをすべてリストアップしています。これは基本的に、私が知っているスタートアップのアイデアを生み出す方法のすべてです。この7つのレシピが成功し、会社を成功に導いた例を知っていますが、すべてが同じように優れているわけではありません。良いアイデアを生み出す可能性が高いものもあれば、悪いアイデアを生み出す可能性が高いものもあります。また、悪いアイデアを生み出す可能性が高いものもあれば、先ほど話した問題を解決するための解決策を生み出す可能性が高いものもあります。そこで、良いものから悪いものまで順に挙げていこうと思います。

#1 得意なものから始める

この最初のレシピは最高の案です。良いアイデアにつながる可能性が最も高く、偽陽性につながる可能性が最も低いのがこのレシピです。YCが資金提供した最も成功した企業のうち、約半分はこのレシピになるでしょう。

まず自分のチームが特に得意とすることから始め、自分が実行することで不当に有利になるようなアイデアを考えます。これが非常に効果的な理由は、あなたがこの方法で思いついたどんなアイデアでも、自動的にFounder/Market Fitを持っているからです。あなたは基本的には、優れたFounder/Market Fitを持つすべてのアイデアを生み出しているのです。

これをどのように行うか、いくつかの例を見ていきましょう。

私が最初にすることは、あなたがこれまでに働いたことのあるすべての会社を調べることです。インターンシップでも構いません。そして、それぞれの会社について、他の人が知らないことをそこで学んだことは何かと自分に問いかけます。

例えばSnapDocsです。SnapDocsの創設者であるAaronは10年間住宅ローン業界で働いていて、それについて何でも学びました。そこで彼は、住宅ローンの事務処理を管理するためのソフトウェアを開発するSnapDocsを始めました。

次に、それぞれの会社のどこが壊れているように見えたかを自問してみてください。会社生活のどの部分が不器用なのか?

例えば、Latticeは業績評価用のソフトウェアを作っている会社です。創業者たちがこのアイデアを持っていた方法は、彼らが一緒にある会社で働いていて、彼らは彼らの業績評価ソフトウェアがどれほどひどいものであるかに気付いたということです。

そして、自分の会社が自社で作ったもので、他の会社が必要としているかもしれないものがあるかどうかを自問自答してみてください。

その良い例がMixpanelです。SuhailはMixpanelを始める前、Slideという会社で働いていましたが、その会社は社内プロジェクトのための高度な分析ツールを作っていました。Suhailは、他の会社にも同じようなツールが必要とされていることに気づき、それがMixpanelの開発につながったのです。

#2 他人に作ってほしいものを作る

2つ目のレシピは、他の人が作ってくれたらいいなと思うものを考えることです。

その好例がDoorDashです。DoorDashの創業者たちは、郊外でタイ料理を配達してもらおうとしていましたが、文字通りそれをする方法がないことに気づきました。そこで彼らはDoorDashを作りました。

#3 成功しなくても10年間取り組めるものを選ぶ

3つ目のレシピはこうです。成功しなかったとしても、10年間ワクワクしながら取り組めるものは何でしょうか?あなたが本当に情熱を注いでいることは何ですか?

その良い例が、超音速飛行機を作っているBoomです。Boomの創業者であるBlakeは、自分自身にこの質問をすることでこのアイデアを思いつきました。彼は航空宇宙の仕事をしていたわけではなく、飛行機を作る専門家でもありませんでしたが、超音速旅行のアイデアに夢中になっていました。

そうは言っても、私はこのレシピが創業者を迷走させるのを見たことがあるので、それについて警告したいと思います。このレシピは創業者を迷走させる可能性があります。例えば、あなたは切手を集めることにとても情熱を持っているかもしれません。だからと言って、必ずしもスタートアップのアイデアを探すのに適しているとは限りません。

#4 世の中の変化から考える

4つ目は、最近世の中が変わったことを探して、その変化があったからこそ可能になったアイデアを考えてみましょう。例えば、新しい技術、新しい開発者プラットフォーム、新しい規制、世界の新しい問題など。あなたが乗れそうな波は何ですか?

おそらく目立たない例としては、10億ドルで買収されたPlanGridというYC企業があります。PlanGridは、紙の代わりにタブレットに建築設計図を載せていました。そして、PlanGridを可能にした世界で変わったのは、AppleがiPadを作ったことです。

#5 成功している企業を参考にする

その5です。最近成功している企業を見つけて、その新しい亜種を探しましょう。

その良い例がStandard Cognitionです。さて、Standard Cognitionの話ですが、Amazonが最近Amazon Goを作ったという話です。Amazon Goは、棚から取り出したものを自動的に追跡してくれる食料品店で、レジに行く必要がありません。Standard Cognitionは、どの小売店も同じ技術を求めているだろうと気づき、それを実現しました。

これは創業者がアイデアを探す際によくある方法ですが、残念ながら必ずしもベストな方法とは限りません。このようにして生み出されるアイデアは、「XのためのUber」や「YのためのAirbnb」のような形をとっていることが多くあります。これらのアイデアは「問題を探している解決策」であることが非常に多いので、もしこの方法でアイデアを思いついたら、デフォルトで懐疑的になり、それが実際に問題を解決しているかどうかを真剣に考える必要があります。

#6 誰かが解決してほしがっている問題を解決する

その6です。知り合いの人に話を聞いて、解決してほしい問題を聞くことで、アイデアをクラウドソーシングすることもできます。これは、例えば、興味深い業界で働いている人のように、特定の専門分野を持っている人と一緒にやると特に面白くなります。

このレシピの欠点は、ほとんどの人がスタートアップのアイデアを見るのが苦手だということです。だからこそ、この戦略は、依頼する人が他のスタートアップの創業者である場合には、特に効果があるようです。彼らはすでに、良いスタートアップのアイデアに気づく方法を知っているからだ。

#7 壊れている業界を探す

その7です。壊れているような業界を探しましょう。壊れていると思われる業界は、おそらく破壊が起こるタイミングです。その良い例が、LendUpと呼ばれるYCの会社で、これは給料日の貸し出しに代わるものです。そして、LendUpの創業ストーリーの一部は、創業者たちが給料日の貸し出しが明らかに壊れた詐欺まがいの業界であることに気づいたということです。

このレシピの欠点は、それがしばしばあなたが Founder/Market FIt をあまり持っていないアイデアに連れて行くことです。 LendUpがうまくいったのは、創業者がすでにフィンテックの専門家だったからです。

以上です。お分かりのように、私は人々がどのようにしてスタートアップのアイデアを思いつくのかというトピックに非常に興味があるので、これらのレシピを試してみて、他のアプローチについてのフィードバックや提案があれば、ぜひ私に教えてください。ありがとうございます。

 

記事情報

この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
原文: How to Get Startup Ideas (2020)

 

著者紹介

Jared Friedman

Jared は YC のパートナーです。2006年にY Combinatorから資金提供を受けたScribdの共同創業者であり、ウェブ上のトップ100サイトの1つに成長しました。Jaredは以前、先駆的なAI企業に勤務し、ハーバード大学でコンピュータサイエンスを専攻していました。

FoundX Review はスタートアップに関する情報やノウハウを届けるメディアです

運営元