ハードテック

バイオスタートアップの次の10年 (a16z)

ヘルステックスタートアップの命の輪 発見 vs 遺伝子操作 16のバイオの神話と誤解 合成生物学のキラーアプリの10年 細胞・遺伝子治療の産業化 ヘルステックスタートアップの命の輪---- ヘルステックのスタートアップ第一世代が学んだこと。第二世代が学んだ…

バイオ系スタートアップに関する 16 の神話と誤解 (a16z)

#1 バイオテックのVCがバイオテック企業を作っている。 #2 学際的な創業者はCEOになれない。 #3 バイオテック企業はプラットフォームを基盤にして設立されている。 #4 AIは誇張されている。 #5 あなたのイノベーションは時期尚早である。 #6 あなたのイノベ…

次世代のバイオスタートアップ: 野生モデル vs 飼育モデル (a16z)

シリコンバレーの神話の多くは、起業家を主人公とした物語が中心になっています。しかし歴史を振り返ってみると、バイオ企業をリードした科学バックグラウンドを持つ起業家はそれほど多くありません。新薬の開発には時間がかかり、リスクが高く、コストがか…

医薬とは何か? (a16z)

治療者の役割は、人類自身と同じくらい古い呼び名です。紀元前6500年までさかのぼる人間の骨格には、信じられないことに、脳外科手術を含む医療介入の傷跡が残っています。しかし、医療の正式な実践はもっと新しいものです。最近では1900年代初頭には、ほと…

生物をリバースエンジニアリングする方法 (a16z)

#1: 共通言語 #2: 基本の要素 #3: 早く学び繰り返す #4: 部品を交換する 生物がプログラミング可能になる時 生物のリバースエンジニアリングというのは、パラドックスのように聞こえます。自分が元々の技術を「発明」していないものをどのようにしてリバース…

生物をエンジニアリングする方法 (a16z)

原則1:レゴブロックのような構成単位 原則2:反復性および再現性 原則3:テストおよびプロセスエンジニアリング 原則4:その他の分野からの借用 原則5:プロセスそのものの再発明 生物は人類の発展ではなく進化の結果であるため、そこにエンジニアリングの…

バイオテックスタートアップの資金調達は次の10年にどう変わるか

2005年から現在に至るスタートアップ資金調達の変遷 バイオテクノロジー企業で今何が起きているか 未来の予測 備考 10年ほど前、YCの始まりの頃、Paul Grahamは以後10年間においてスタートアップの資金調達がどのような変遷を遂げるかを予測する、いくつかの…

生物をプログラミングする - Read (r), Write (w), Execute (x) (a16z)

読み込み (r) 書き込み(w) 実行(ⅹ) 歴史上、これまで私たちが生物学において理解および操作するための最善の手段は観察と実験でした。その後、私たちは生物学における「読み書き」の能力を発達させました。そして今、生物学とコンピューティングおよび…

ハードテックスタートアップに関する会話 (Startup School 2018 #22, Eric Migicovsky)

YCの前後 最初の生産 質素であり続けること クラウドファンディング 安売りをしない プロダクトの出荷に自信が持てないならやらない ビジネスモデル・カンパニー・フィット ハードテック MVPの作り方 セールスの重要性 ハードテック起業家へのアドバイス 投…

ハードテック&バイオテック起業家へのアドバイス (Startup School 2019 #18)

概要 ハードテックスタートアップとは何か 多くの時間と資金、そして可能かどうか マーケットリスクと技術リスク ハードテックはハードだけれど、難しいほうが簡単になる 事例:Boom ハードテックスタートアップが最も立ち上げやすい時代 ハードテックの可能…

ハードテックスタートアップ

YCは生粋のソフトウェア業界のスタートアップにしか投資をしないと思っている人たちがいます。それは全くの見当違いです。これまでのYC最大のイグジットは自律走行車の会社、Cruise Automationですし、私たちは次のような他の多くのハードテクノロジー企業に…

FoundX Review はスタートアップに関する情報やノウハウを届けるメディアです

運営元