資金調達

60人の起業家からの、新しい起業家へのアドバイス (Sequoia Capital)

Seven Questionsでは毎週、Sequoiaのメンバーが、彼らが苦労して得たアドバイスを、創業者と共有しています。日々の学びから得た教訓から、自分が間違っていることに気が付いた瞬間(そしてどうやって元の軌道に戻ったのか)まで、アドバイスは様々です。全…

投資家のスタートアップ評価法 (Startup School 2019 #07)

投資家が評価するポイント:チーム、PMF、市場機会 チームは「洞察」「理由」「明晰な思考かどうか」 明晰な思考:「どれだけ考え抜いているか」「どれだけうまく説明できるか」 動きが早いチームの特徴はMVPのローンチや反復の回数 ローカルチームとリモー…

31人の起業家からの、初回起業家へのアドバイス

私たちはYC出身の起業家たちのためにBookfaceというプラットフォームを運営しています。そこでは、互いに知り合い、質問し合い、人脈を築き、アドバイスを共有することができます。最近、Bookface上でゲーム会社 Players’ Lounge(W18)の共同創業者であるZa…

ピッチの仕方

7つの質問 1. あなたの会社は何をしているのですか。 2. 市場の規模はどれほどですか。 3. あなたの進捗はどのようなものですか。 4. あなたユニークな洞察は何ですか。 5. あなたのビジネスモデルは何ですか。 6. あなたのチームには誰がいますか。 7. 何を…

デモデーでのピッチについてのガイド (Geoff Ralston, Y Combinator)

あなたのプレゼンテーション 背骨 オーディエンス プレゼンテーションの構成 導入 あなたが解決する課題 製品と顧客 機会 トラクション チーム 結論 スライド スライドのヒント 準備 誰がプレゼンテーションを担当すべきか テクニック 動作 よくある間違い …

スタートアップの取締役会の運営方法 (Y Combinator, Anu Hariharan)

取締役会の構成に関して 取締役会を管理する ミーティングスケジュール アジェンダ(議題)と長さ 取締役会資料の要素 舞台裏の準備 取締役会に幹部チームを関与させる 月次アップデート おまけ:取締役会への手紙 取締役会を有効活用し、問題を克服する 矛…

ハッカーのための投資家ガイド (Paul Graham)

1. 投資家がスタートアップの中心地(ハブ)を生み出す。 2. エンジェル投資家が最も重要である。 3. エンジェル投資家は注目を好まない。 4. ほとんどの投資家は創業者とは違う種類の人間である。特にVCは。 5. ほとんどの投資家はモメンタム投資家である。…

資金調達のラウンドはマイルストーンではない (Michael Seibel)

創業者と初めて対面する際に、先方から「私たちはシリーズAカンパニーです」と言われることがたまにあります。一方で、YC出身者からは、エンジェル投資家に「君たちはいつシリーズAを調達するの?」と尋ねられることが多いと聞きます。 成功と資金調達は同じ…

資金調達を過剰に最適化しないように (Aaron Harris)

多くの創業者が資金調達に対し、まるで数学の問題のように取り組んでいるように私には見えます。彼らは正しい答えが1つだけあると考えているようです。それがたびたび、過剰な最適化を引き起こします。それは誤りです。最適化は、徐々に進む変化が資金調達や…

運転資金が1年分以下になった会社へのアドバイス (Dalton Caldwell, Y Combinator)

非生産的な考え 交渉下における自分の力を認識してください バーンレートを減らすためのヒント ポイント・オブ・ノー・リターン(後戻りできない段階) もしあなたが会社の創業者で、エンジェル投資家か機関投資家によるラウンドで出資を受けていて、ランウ…

スタートアップ投資の透明化 (Geoff Ralston, Y Combinator)

私は最近、投資家や創業者がスタートアップのエクイティファイナンスをモデル化し、未償還の転換証券がどのように株式に転換されるかを判断できるようにするソフトウェアを、angelcalc.com1 で開発しました。それはそこそこ素晴らしいツールであり、私はプロ…

創業者フレンドリーなタームシート (Sam Altman)

私が(YC外で)投資する際、次のタームシートを使ってオファーを出します。タームには、自分自身が創業者であった時の願望を反映させることを心がけました。何人かにシェアして欲しいと頼まれたのでこちらで公開します。創業者に優しいものになっていると思…

創業者が犯す資金調達の誤り (Sam Altman)

プロセスを過度に最適化しすぎる 条件を過度に最適化する 競争的な環境の創出に失敗する 敵意がある、傲慢、失礼に見える、など 否定に耳を貸さない リード投資家がいない ピッチが下手 主要な投資家のリファレンスを取らない 明確なビジョンの欠如 キーとな…

スタートアップの法的メカニクス (Startup School 2018 #02, Carolynn Levy, Jon Levy and Jason Kwon)

会社の設立 デラウェア州での登記をする オンラインプラットフォームを使って設立する 取締役会を作る 役員を決める 設立後 株の分配 株の購入 べスティングの設定 資本政策 雇用 雇用契約よりも秘密保持契約 無償で人を働かせない 常識的なプラクティス 会…

投資家を説得する方法 (Paul Graham)

手ごわい 真実 マーケット 拒絶 違うこと 重いものを持ち上げようとして怪我をすることがありますが、それは往々にして背中を使って持ち上げようとするからです。重いものを持ち上げる時は、足を使うのが正解です。経験の浅い創業者は、投資家を説得しようと…

ブラックスワン・シードラウンド (Sam Altman)

私はフルタイムのYCパートナーになる前、2010年にシード投資を始めました(また2012年以降は、さらに積極的に投資をするようになりました)。この間、約40社に投資しています。これまでのところ、そのうち5社が「非常に良好」のカテゴリーに属しています。前…

投資家が「創業者フレンドリー」であるとはどういうことか? (Aaron Harris)

多くのベンチャーキャピタルが、 「創業者フレンドリー 」ということについて語ります。それが実際にはどのように機能するか、創業者の皆さんはよく誤解されているようだと感じることがあります。「創業者に対してフレンドリー」とは、何を意味し、何を意味…

もっと多くの投資を受けるのにふさわしい理由を言えますか? (Michael Seibel)

創業者と一番厳しい会話をしなければならないのは、彼らがエンジェルラウンドで調達した1~2百万ドルを使ってしまったのに、Product/Market Fitを見出だせなかった時です。残念ですが、私は次のような非常に厳しい質問をせざるを得ません。「あなたの会社が…

スタートアップのシード資金調達ガイド(Geoff Ralston)

目次 序論 資金調達する理由 資金調達するタイミング 調達する金額 資金調達の選択肢 転換社債 SAFE エクイティ 評価額――自社の価値はどれくらいなのか? 投資家 - エンジェルとベンチャーキャピタリスト クラウドファンディング 投資家との接触 交渉と契約の…

資金調達のプロセスと相対的優位性 (Aaron Harris)

連続的な資金調達は市場を投資家の方へ傾ける 並行的な資金調達は市場を創業者の方へ傾ける シリーズAのプロセス 業務 vs 資金調達 どんな交渉においても、目標を達成するには、相対的優位性(レバレッジ)が相手側にかけられる圧力となります。決して相対的…

投資家から先行して資金提供のオファーをもらったときのガイド (Aaron Harris)

資金調達ラウンドは2つの内どちらかの方法で行われます。創業者が資金を求めてそれを獲得する方法か、投資家が資金提供をオファーして、創業者がそれを受け入れる方法のどちらかです。単純に思えるかもしれませんが、その力学は複雑です。 私はこれまで、創…

希薄化 (Sam Altman)

最近の5年間は、おそらくそれより前のどの5年間よりも、未公開テック企業への投資により多くの資金の注目が集まりました。 この資金供給の増加により、会社の評価額(価格)が上昇し、多くの会社が資本の量を増やしたのは自明の結果です。 自明でない結果は…

新しい標準的な取引:「ポストマネー SAFE」について (Michael Seibel and Jason Kwon)

YCは標準的な取引を変更し、投資額を12万ドルから15万ドルに引き上げます。ポストマネーSAFE(SAFEによる資金調達後の資金調達)で15万ドルを投資し、保有比率を7%にします。私たちは、ポストマネーSAFEの方が単純であり、また保有比率と希薄化を把握しやす…

シリーズAの標準的でクリーンなタームシート (Jason Kwon and Aaron Harris)

YC のシリーズ A プログラムで企業と一緒に仕事をする間、私たちは一般的な問題に気付いてきました。創業者たちはどのようなタームシートが「良い」タームシートなのかということを知らない、ということです。これはもっともな話です。なぜならたいていの場…

いつシリーズAの資金調達を行うべきか? (Aaron Harris)

シリーズAラウンドについて考える時、最も答えにくい質問の1つが、「自分たちの準備が整うのはいつか?」というものです。これは、インターネットに何百もの回答があるのに、そのどれもが十分に納得できない質問の1つでもあります。そのような質問に上手く回…

スタートアップのメカニクス (Startup School 2017 #02, Kristy Nathoo)

目次 Kristy Nathoo — スタートアップのメカニクス 今日のトピック 会社の設立について なぜ会社を設立するのか? いつ会社を設立するのか? どこで会社を設立するのか? どのように会社を設立するのか? 株式の割り当て 株式の分配 未来を見据えて共同創業…

FoundX Review はスタートアップに関する情報やノウハウを届けるメディアです

運営元