採用

外部の CEO を採用する (a16z)

技術的なファウンダーの迷路 そうあるべきか、そうでないべきか? うまくいくもの、いかないもの CEOになるべきか、ならないべきか?この問いはスタートアップの創業者にとっては悩ましい問題であり、特に製品の創業者がCEOの肩書きを維持するかどうかの判断…

データサイエンスを機能させる (Sequoia Capital)

世界トップクラスのデータインフォームド企業の特徴 データによる主な成果 データ組織 データサイエンティストのスキル データアーキタイプ データサイエンティストの採用 データサイエンティストのキャリアの進展 データサイエンスマネージャーの役割 トレ…

データサイエンティストの採用方法 (Sequoia Capital)

データ分析組織 必要な技能 採用 組織の確立 その他の採用に関する検討事項 神話 まとめ これまで私たちは、データに基づく企業の根幹(日本語訳)、世界クラスのチームの構築方法(日本語訳)、データ分析組織の発展と特徴(日本語訳)、データサイエンスの…

世界クラスのチームを作る (Sequoia Capital)

人材 A+従業員の雇用、管理、離職防止 将来のリーダーの育成 職務リーダーを分野リーダーに転換 互いを大事にする経営陣 文化 エンパワーメントのボトムアップ文化を醸成 会社第一の文化 信頼の置ける環境の構築 アイデアと人材のダイバーシティ プロセス チ…

永続的な企業を作ることについて (a16z)

1. 素早く学ぶことを学ぶ 積極的に助けを求める不変の考え方を発達させる 大きな会社と小さな会社とでは経営方法が異なることを知る 継続的、体系的、かつ明白なフィードバックを共有し、強く求める コーチに投資する 早急に特定分野の専門家を雇用する(手…

PMF の後の人事、顧客、セールス (Startup School 2018 #27, Mathilde Collin)

自己紹介 起業に至るまで 1社目の企業文化 ビジョンの重要性 規律的であることの重要性 起業のきっかけ パートナーとの出会い 人事 役割の変化 採用の目的はスケーリング 企業文化への投資 従業員への高い要求レベルを持つ企業文化 良い透明性と悪い透明性 …

エンジニアチームを作る方法 (Startup School 2018 #16, Ammon Bartram and Harj Taggar)

採用は大変 採用は時間がかかる 採用は反復作業が多い 採用は断られる 採用のファネル 候補者のソーシング エンジニアを見つける場所 個人的なネットワーク 多くの人は断られるのが怖くてパーソナルネットワークをうまく使えていない 厳密なプロセスに従って…

スタートアップの人事で重要なこと (Y Combinator)

人に関する人 採用 分類 給与計算と福利厚生 会社のハンドブック オンボーディング・プロセス 離職 スタートアップの初期の段階では、製品開発やユーザーとの会話以外に時間を割くことはほとんどありません。しかし、人を雇い、チームを作り始めるときに、人…

起業 1 ~ 2 年後のスタートアップへのアドバイス (Startup School 2014 #20)

皆さん、こんにちは。How to Start a Startupの最終講義へようこそ。これまでの講義ではスタートアップ初期段階に皆さんが考えるべきことをお話ししてきましたが、この最終講義では、今までと少々異なり、創業後しばらくは考える必要のないことについて説明…

スタートアップのための法律と会計の基礎 (Startup School 2014 #18)

会社設立について デラウェアに設立する 設立の手続き サービスを使う 書類の保管はきちんとしておく エクイティ エクイティの配分 実行はアイデアよりも価値がある 創業者間で平等に割り当てる フルタイムの人に割り当てる 株式を購入する べスティング べ…

スタートアップのオペレーション (Startup School 2014 #14)

本日は会社の運営(オペレーション)についてお話ししたいと思います。 これまでの講義をいくつか見てきましたが、ここまで学んできた皆さんは非常に有能な人材を多数採用し、少なくとも一部の人に愛されるプロダクトを作り、願わくはいくらかの資本を集めて起…

スタートアップの採用と企業文化 (Startup School 2014 #11)

授業の概要 Sam Altman「文化とチーム」の第2部を始めます。この時間はPinterest創業者のBen Silbermann、Stripe創業者のJohn CollisonとPatrick Collisonをお迎えしています。企業文化やチームの構築について、この3人に語らせたら右に出る者はいないと思い…

チームを作り、マネジメントする方法 (Startup School 2017 #16, Vinod Khosla)

採用にあたってフォーカスするべきこと 採用には経路依存性がある 1億円の企業と1000億円の企業との違い 候補者をどのように探せばいいか 最初から創業者が面接に出て、ビジョンを売り込む 最高の人間は面接をされない 自分に専門知識がない領域でどうやって…

アーリーステージのスタートアップにおける多様性と包摂 (Startup School 2017 #15, Kat Manalac)

YC と多様性の問題 過小評価されているコミュニティから才能を探す 女性や有色人種の問題 女性であるがゆえに顧客に怒鳴られる 顧客や投資家からデートに誘われたり、酷いことを言われる より良くするための機会がある 多様性とインクルージョンのプレイブッ…

スタートアップにおけるリーダーシップ (Startup School 2019 #19)

経歴 リーダーシップの3つの知見 典型的なリーダーなどいない ありのままの自分でいること(誰かをまねようと自分を偽らないこと) 優れたリーダー共通する3つの特質 1.思考とコミュニケーションの明確さ コミュニケーションをシンプルにする 明確な言葉の…

共同創業者と一緒に働く方法 (Startup School 2019 #14)

結婚に関する研究 喧嘩は皆がするもの 会社経営にも当てはまる 口論で回避するべきこと (目の前の問題以外への)批判 軽蔑 防衛 無反応 事前に対策を立てる 分割統治 担当を決めたら成否のラインを決める 冷静なうちに感情的な問題を整理する 自分自身を知…

スタートアップのアイデア、プロダクト、チーム、実行力 パート2 (Startup School 2014 #02, Sam Altman)

※前回の講義はこちら。 前回の講義に関する質問で、時間が無くてお答えできずにメールでいただいていたものがありますので、本日の講義に入る前にお答えしたいと思います。前回の講義に関して質問がある方はどうぞ。では、あなたから。 Q. ある市場が、現在…

60人の起業家からの、新しい起業家へのアドバイス (Sequoia Capital)

Seven Questionsでは毎週、Sequoiaのメンバーが、彼らが苦労して得たアドバイスを、創業者と共有しています。日々の学びから得た教訓から、自分が間違っていることに気が付いた瞬間(そしてどうやって元の軌道に戻ったのか)まで、アドバイスは様々です。全…

31人の起業家からの、初回起業家へのアドバイス

私たちはYC出身の起業家たちのためにBookfaceというプラットフォームを運営しています。そこでは、互いに知り合い、質問し合い、人脈を築き、アドバイスを共有することができます。最近、Bookface上でゲーム会社 Players’ Lounge(W18)の共同創業者であるZa…

セールス向け報酬制度:気を付けよう、あなたは求めたものを手に入れるから (Lars Dalgaard)

報酬プランを「プラグ・アンド・プレイ」方式にする 要請は2つ、それ以上はしない この大罪は避けましょう 優秀なセールス担当者たちにとって、適格な担当者たちを会議などで決定権をもつメンバーに加えることほど、モチベーションの上がるものはそうそうあ…

スタートアップ従業員への株式報酬 (Sam Altman)

しばしばスタートアップの従業員は、株式による報酬となると、あまりよくない扱いを受けています。もちろん新しいアイデアは時折浮かんできます。しかし法律家は大抵新しいことを試してみることが嫌いで、そして投資家は従業員のために何か新しいことを試み…

VP of Sales をマネジメントする:それは簡単なことではない (Scott Weiss)

衝突を歓迎する 営業部門にとどまらず、営業部長と会社全体が同じ方向を向く目標を設定する 営業部長たちとたびたび会うこと。ただし、細かい口出しはしない 勤務評価の価値を見落としたり、退けたりしないこと もっと外に出よう 独立した活動を可能にする余…

優れた営業職を採用するための無駄のない方法 (Lars Dalgaard)

データから始める:くだらない会話を一掃するスプレッドシート 無駄(ブルシット)な会話が一切ない面接を実施する 最高の営業戦力を獲得するには、まず営業専門の採用チームを カリスマ営業がする質問: パイプラインを構築するのと同じ姿勢で採用を ほとん…

解雇が早すぎる、なんてことはない (Lars Dalgaard, a16z)

成功のNPV(正味現在価値)を上げよう 他人がどう思うかは心配するな。彼らはすでに分かっている 経営陣はどうしてこんなひどい事態をそのままにしているんだ?という、信頼の崩壊を引き起こさないように こんなサインに気を付けよう 壊れた信頼。 回避、虚…

エンジニア・クランチ (Sam Altman)

ベイエリアのほとんどのスタートアップにとって、シリーズAクランチよりもエンジニアクランチ(エンジニア不足)の方が深刻な問題です(これはデザイナーにもある程度該当しますが、大多数のスタートアップはデザイナーよりもはるかに多くの開発者を必要とし…

従業員の維持 (Sam Altman)

優れた製品を生み出すこととユーザーの獲得という点を除いた場合、資金調達が最大の試練になるだろうとほとんどの創業者は考えているようです。実際にその通りなのですが、資金を調達し終えたら、次の最大の試練は採用です。採用は、これ以上難しいことはな…

マネジメントをするうえで最低限やるべきこと (Sequoia Capital)

人材を見つける 採用 初日 継続して行うこと キャリア開発 人々は製品を作ります。人々はブランドを作ります。人々はセールスをし、実行します。そして人々に成功してもらうことは、どの企業にとっても、あなたにできる最も意義のあることです。もし人を管理…

Gusto の共同創業者がすべてのスタートアップ創業者に伝えるアドバイス (Tomer London)

シード資金調達後の No.1 の優先事項:10x-erを見つける 常に人材を探し続ける 腹を立てている顧客セグメントに合わせて製品を調整する 優れたクラフトマンシップを定義し、それに向けて努力する 2012年の冬にY Combinatorを卒業した時、私たちは非常に限ら…

より少ない時間でエンジニアを採用する (Sequoia Capital)

リクルーティング計算機 採用のファネル リファラルの価値 締結、締結、締結 自由に使える時間は990時間ありますか? その可能性は低いはずです。しかし、これは典型的なスタートアップが12名のエンジニアを雇うのにかかる時間です。たとえ採用活動を1年間に…

リファラル採用で社員紹介率を3倍にする方法 (Sequoia Capital)

メモリーパレス メモリーパレスを解放する:ステップ・バイ・ステップ ステップ1:誘導的な会話 ステップ2:糸口をつかむ ステップ3:会話を始める リファラルの否定的側面 結論 もし私たちのリクルーティング計算機を使ったことがあるなら、より迅速に人材…

FoundX Review はスタートアップに関する情報やノウハウを届けるメディアです

運営元